CATEGORY:Rifles

2014年08月29日

最近の状況など・・・

放置にもほどがありますね・・・

ちょっとバタバタしていたのと、記事を書くならいじって遊べ!みたいな
気持ちもありまして。。。



もっと話題になってもいいハズ!と個人的に思ってるのですが
このところ他にも楽しげなものがいっぱいリリースされましたから
埋もれてしまいましたかね。
(個人的には撃ち心地は複数メーカーと比較して上位だと思うのですケド)

MEGA ARMS MKM AR-15 GBB です!

ぱっと見分からないかもしれませぬが、細かくいじっております。


どうでしょう?わかりますかね~?
ちなみにKSCのM4GBBとはロアレシーバーの長さ、そして厚みが異なります。
それなりに加工が必要でした。。。





前に出しましたSUREのM951は マウントを変えてコイツについております。
※LEDモジュールには無事に変更できました!
  YSCコンバータ ECO XP-G2/CW(6500K)・・・販売終了品らしいです・・・




Noveske NSR Polymer Panel Set + MAGPUL PTS MVG (MOE VERTICAL GRIP)
こちらは海外の方のマネっこですね、パネルがもう少し欲しい。。。




チャーハンは最近気に入っております、
PTS RAINIER ARMS CHARGING HANDLE(For KSC)
これまた、そのまま付きやしません!




これ(とその他)を購入しましたのでまたもや整理という名の放出作業にとりかかることになりますね~
(すっかり放出のための記事UPとなっておりまする)




とまあ、ちゃんとミリ道は続けております。
9月にはゲームのお誘いもあるし、仕事の都合をなんとかつけて行きたいなぁ・・・













同じカテゴリー(Rifles)の記事画像
HK416とE-MAGとP-MAG
長くて細~いKSC M4
MK12Mod0なのか??
WEM4に驚いてみる。
PDR
イカレルジュウ?
同じカテゴリー(Rifles)の記事
 HK416とE-MAGとP-MAG (2014-04-23 18:59)
 長くて細~いKSC M4 (2014-04-16 19:47)
 MK12Mod0なのか?? (2014-01-29 00:18)
 WEM4に驚いてみる。 (2013-05-23 15:42)
 PDR (2013-03-01 15:38)
 イカレルジュウ? (2012-07-22 21:19)

Posted by MID  at 02:55 │Comments(5)Rifles

COMMENT
こんにちは。

おお!良いですね、『MEGA ARMS』!
ヽ(゚∀゚ *)ノ パッ♪

先輩のチョイスは、いつもオサレ感が漂いますね〜。

今度、撃たせてください。
m(; _ _)m ヨロシク...


都合が付けば、9月に会いましょ。
Posted by いしやんいしやん at 2014年08月30日 12:48
いしやんさん、ドモです!

かなりタクティコーなセットアップです…
撃ち応えはかなり良いかと。

可能なら数週後に触っていただきたいっすね~!

行きたいよ~(^^;
Posted by MIDMID at 2014年08月30日 22:47
随分久しぶりにコメントします。

KSCのMegaにBADセレクターとレイニアー・アームズのチャーハン!(…であってますかね)
まさに自分も考えていた理想の形なのですが、KSCMegaは厚みと長さが~なんで、手を付けずにいました。

加工はやはり面倒くさい感じですかね?
Posted by もぶ at 2014年09月29日 23:25
もぶさん、お久しぶりです!

セレクターとチャーハンその通りです!
自分にとっても理想形で本体購入前からパーツ収集してました。

さて、

チャーハン・・・
縦方向が太いだけなので
基本は高さ方向をひたすら削る、これだけです。
0.5mmから1mm(まではいかなかった気がします)の間で
様子を見ながら。

ある程度余裕が出るまで削らないとボルトキャリアを押し下げることになり
動きが鈍く、あるいは止まるかもしれません。

レバー基部は削らないで済みました。

また、自分のはキャリアキー先端とチャーハン先端がきつかったので
チャーハンの溝内部、先端側を少し削りました。

以上は比較的簡単かと。
最後に削ったところを黒染めしました(←裏で見えないのですけど)


セレクター・・・
一度仮組みして、セレクターとして機能する位置
(=溝がシアー、フルオートシアと一致するところ)で
設定すると当然左右に隙間が出来ます。
スペーサーだけで左右を調整してしまえばそれでもこの部分は完成です。



上から見て右側(=アンビ?側)がの隙間がありすぎてみっともないので
蟻ほぞ(レバーがはまる台形形状)を全ての位置で削りこみました。
削りすぎると元に戻れませんので様子を見ながらです。

結果、スペーサーは左右1枚、浮きもさほど気にならなくなりました。


上をやったところで一つ問題点。
クリック感を、ストッパーを担うピン(グリップ側からテンションをかけてるやつ)
とセレクターに刻まれているくぼみの位置が全く違う!

ので、位置決めをして、電動ドリル(鉄鋼用刃)にてくぼみを作り直しました。
・・・この位置ですが、元の位置自体が全然違うと思われ、
製品自体の不備であると考えます。

と長くなりましたが、使ったものはヤスリと電動ドリルだけですので
やってることの難易度は低いかと・・・
私にとっては楽しい作業でした!

ちなみに、
トリガーはノーマル
norgonタイプアンビキャッチ(CQB-R用)
ポン付け、(KSCからパーツ取り寄せ)
アンチローテーションは、内部のパネルを一枚外し、同じ厚みの
シムを入れて完成でした
(↑だれも気が付かないので自分で言ってみました・・・汗)

言葉じゃ分かりにくかったら記事にしますか~


がんばってくださいませ!
Posted by MIDMID at 2014年09月30日 14:54
技術も未熟な者の何も考えない気軽な質問に大変懇切丁寧な回答をしてくださりただただ恐縮するばかりです。

そのうえ記事ですか!確かに画像ありのほうがわかり易いかもですが、そもそもが未熟すぎる自分ではそれでも出来るかどうか…
あとアンビキャッチはポン付け出来るんですね、それすら知りませんでした。

あらためて本当にありがとうございました。

P.S.特徴的なMegaのトリガーをわざわざノーマルに交換しているところにMIDさんなりのこだわりのようなものを感じました(好みでないとか?)
Posted by もぶ at 2014年10月01日 18:52
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。